水耕栽培を難しいものと考えていませんか?
実はポイントを抑えれば安い市販品だけで簡単に作ることができるんです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

でも、そのポイントってなに?? という方が多いと思います。

ご安心くださいませ(〃’ω’)
我が家で大活躍のお手軽な水耕栽培装置の作り方を詳しくご紹介します。

どんな装置が作れるの?

どんな装置が作れるかまずはご覧ください。
ちなみに容器は頑丈なIKEAのTROFASTを使っています。これは本当におすすめです。
楽天ショップへのリンクはこちら

できあがるシステムの基本的な4つの機能の紹介。

この装置の基本的な機能をご紹介します(〃’ω’)


基本的な機能はこちらです。
  1. 土を本当に使いません。
    水道水 + 液体肥料だけなので管理が本当に楽です。
  2. 根腐れしないようにエアポンプを使います。
    簡単なので安心してください。
  3. エコ運用のためにエアポンプの自動制御をします。
    市販のタイマーを使用します。
  4. 水のやり忘れを防ぐために自動給水します。
    市販の簡単なペットボトル給水機で給水します

ちょっとした穴あけ加工が必要ですが、ご紹介する材料を使えば問題なく作れると思います(ง°̀ロ°́)ง

余裕がある人は追加の機能をプラス。LED照明も導入しましょう。

余裕がある人は基本的な機能にLED照明をプラスしましょう(*´罒`*)ニヒヒ
太陽 + LEDのハイブリッド運用で成長促進間違いなしです。

水耕栽培に太陽とLED照明を使うハイブリッド照明を導入。成長が促進される。


太陽+LEDのハイブリッド運用
  1. 発育促進のためにLED照明を導入します。
  2. 太陽光もちゃんと利用できるようにします。

普通はLED照明を入れるとLED取り付け板が光を遮ってしまいます。でもLEDをアクリル板に取り付けてしまえばどうでしょう??

アクリルは透明なので太陽の光も通します
LED + 太陽光のハイブリッド運用ができます。

野菜の成長が期待できるLED + 太陽光のハイブリッド育成。導入を考えてみるのもいいかもしれません。

基本的な機能を自作しましょう。

ここでは基本的な機能の自作の仕方をご紹介します(*´艸`*)

基本1 : 水耕栽培に向いている容器を準備しましょう。

水耕栽培の容器を選ぶのはすごい苦労します(経験上。。(×_×;))

ここでは容器の選び方のポイントをご紹介します。

ちなみに私は断然IKEAのTROFASTをおすすめします。IKEAのTROFASTは頑丈だし、容器のフタもあるので水耕栽培に最適です。
フタに穴を開けるだけで即席の水耕栽培装置の完成です(。>﹏<。) 楽天ショップへのリンクはこちら

簡単にできる水耕栽培装置

基本2 : 容器のフタに穴あけ

容器を選んだので次は栽培ポットを入れるための穴あけ加工です。

少し難しく感じるのが穴あけ加工です。というのも
何かしら工具を使わないといけないからです。
普段の生活でプラスチックに穴を開けることはないですよね。

ここで紹介する方法はビギナーの方に役に立つと思います。

基本3 : エアポンプを導入しましょう。

水耕栽培では根から吸収される酸素を水に溶け込ませる必要があります。熱帯魚と同じようにエアポンプを使って溶液に酸素を供給する方法についてご紹介します。

基本4 : エアポンプの制御

エアポンプは設置の後はエアポンプの運行スケジュールを管理します。お手軽にできる装置を目指すため、簡単に手に入るデジタルタイマーを使った方法についてご紹介します。

基本5 : 自動給水機のとりつけ方法

自動給水の機能があれば、家を長期間留守にする場合も安心です。また水やり忘れの防止にもつながります。お手軽装置を目指すため、簡単に手に入る商品を使った自動級水方法についてご紹介します。

水耕栽培の簡単な自動給水

ちょっと進んだ水耕栽培。LED照明の導入。

LED照明回路の自作

室内での栽培では日光が入りにくいというのもあり、人工的に光の補助をしてあげる必要があります。ただ室内であれば電気は潤沢にあるので夜も照らすことができるというメリットがあります。照明にあたってはLEDを使いますが、ここではLED回路を自作した例をご紹介します。こちらは電気を使うので自己責任でお願いします。

LED照明の駆動

Raspberry PiでLED照明を駆動する方法についてご紹介します。お手軽装置なのでプログラムもシンプルにしています。

LEDの駆動 パルス駆動

実はLEDを常時点灯しなくても植物は育つのです。電気代を節約しつつ植物の成長も止めない制御方法についてご紹介します。

LED照明の取り付け

LEDが点灯するようになったので、お手軽装置に取り付けます。アクリル板を使って太陽光も取り込みつつ、光が差し込まない夜間はLEDの照明で常時成長を促すことができるようにします。

まとめ。

LEDを使わなければ必要な加工は穴泣け加工くらいという、非常に簡単なシステムを紹介しました。穴あけも非常に簡単な方法を紹介したので工作未経験の方でも導入できると思います。初期費用はかかりますが、結構栽培できるので意外とお得ですよ😁

もし記事が少しでもお役に立ちましたら下のSNSボタンを押してください!
はげみになります♡(人>ω<*)