ラズベリーパイでLEDを駆動する方法をまとめてみたいと思います。OSのインストールからC言語でLEDを駆動するまでご紹介します。

まずはインストールディスクの準備

ラズベリーパイの起動ディスクの準備

OSのインストール

ラズベリーパイのインストール

リモートでアクセスできるように設定

ラズベリーパイにPCからリモートアクセス!モニター・キーボードも不要になります。

GPIOポートについて知ろう

ラズベリーパイでの制御の基礎知識を学ぼう。GPIOってなに?

ブレッドボードでLEDを点灯してみよう

ラズベリーパイでLEDを点灯してみよう。ブレッドボードを使います。

WiringPiを使ってGPIO制御でLEDを点灯してみよう

ラズベリーパイでLEDを制御しよう。WiringPiを使います。

コマンドラインでLEDを制御してみよう

ラズベリーパイでLEDを制御しよう。コマンドラインでもできます。

C言語でLEDを制御してみよう

ラズベリーパイでLEDを制御しよう。WiringPiを使ってC言語で制御。

応用編。PWM制御をしてみよう

LEDの点灯方法にPWM制御というものがあります。LEDはON/OFFの制御しかできませんが、PWM制御というONの時間・OFFの時間を調整することで明るさを調整する方法があります。
高速でON/OFF切り替えるので人間の目にはチラツキが認識できません。ON/OFFの時間の割合を変えて上げることで明るさを調整する手法です。

水耕栽培で自作LED駆動 Raspberry PiとWiring PiでPWM制御

まとめ

ラズベリーパイのOSインストールからLED点灯までなるべく細かくご紹介しました。LEDの点灯についてのご紹介でしたが実際にはGPIOの制御方法についてでした。GPIOが制御できればいろんなことに応用ができます。
例えばAC電源のコンセント。秋月電子の電子工作キットで簡単に製作でき、電源ON/OFFをGPIOで簡単に制御できます。

Raspberry Piで制御できるACコンセント。ポンプを自動制御。

記事を読んでいただいてありがとうございます。この記事がいいなと思ったら下記のSNSボタンのクリックをお願いします。励みになります😁